小布施堂

氷室
五月 六月

ひむろ氷室

氷室とは古来からの氷を貯蔵しておく容器のこと。陰暦6月1日の「氷室の節句」に冬の間に氷室に貯蔵しておいた氷を振る舞って、涼をとる習慣から名付けられた生菓子です。外郎(ういろう)生地などが一般的ですが、小布施堂の「氷室」は葛を使った羊羹に、蜜栗と小豆を散らし、葛で仕上げています。

価格 270円(税込)
アレルゲン なし
お持ち帰り
ページのトップへ